島津家やニンジャをメインに大戦してます。
 お知らせ

 会員名:焼きおにぎり

戦友パス:1129


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すみません……
もはやICB遅刻の常習犯ですね……orz

ってわけで一日遅れのICBです……


『ICB』 12th Album



こ、これは……ほんやくこんにゃくが必要ですなw










袁術 「困った……あぁ~困った……
    ホント困った………誰かなんとかしてくれないかなぁ~~」

紀霊 「…………殿、その…何かお困りでしょうか?」

袁術 「おおっ、紀霊か!
    ワシの悩みを聞いてくれるのか?
    流石は我が軍が誇るダンディ、紀霊じゃ!
    我が軍のダンディに仰天せよ!なんつってなぁ~」

紀霊 「いえ、いつものことですから。」
    (いいからさっさと要件言えっての!)


パンパン!
そう手を叩いて人払いをする袁術。
人払いするということは、これまた厄介な頼み事なのであろう。
やれやれだぜ……(紀霊談)


袁術 「玉璽って知ってる?」

紀霊 「玉璽…ですか?ええ、もちろん知ってますよ。
    あの金色の龍が 『ガオ~ン』 ってなってるやつですよね?
    殿がかなり大事にされていたあれがどうかしましたか?」

袁術 「お主、意外と表現が適当だな。」

紀霊 「作者の表現不足です。
    断じて私が説明下手なのではありません、そこんとこヨロシクお願いします。
    ってそんなことはどうでもいいんです。その玉璽がどうしたのですか?」

袁術 「あのさ、このあいだ南蛮の方に旅行に行ったの覚えてる?」

紀霊 「ええ、覚えていますとも。
    殿が突然 『マンゴーが食べたい』 って言い出しのがキッカケの旅行ですね。
    いやはや、慣れぬ地への旅行だったので色々と大変でしたよ。
    従者の身にもなれって話しですよ。ホント。
    もう二度とあんなのはゴメンですからね!」

袁術 「え?今度はパイナップルを食べに行きたいと思ってるんだけど……って痛たたたたた」

紀霊 「この口か?変な果物が食べたくなる悪い口はこれか?」


流石に袁術のワガママに我慢できなくなって、袁術の頬を思いっきりつねる紀霊。
その手には殺意が込められている。


袁術 「じょ、冗談だってば~。」

紀霊 「ったく、冗談は計略だけにしてくださいよ。」


そうしてようやく開放される袁術。


袁術 「ふぅ、痛かった……。
    で、話の続きなんだけどな、、、無くしちゃったんだよ。」

紀霊 「…………は?」

袁術 「いや、だから玉璽を無くしちゃったんだよね。」

紀霊 「…………いつ?」

袁術 「南蛮旅行に行った時に。」

紀霊 「…………どこで?」

袁術 「多分……ジャングルの奥地…じゃないかなぁ~アハハ。」

紀霊 「…………………」



紀霊は無言で後ろに二十歩ほど下がり、袁術から距離をとる。
そして猛ダッシュで袁術との距離を詰め、
渾身のドロップキックを袁術にお見舞いする!



紀霊 「このドアホが!!」




袁術 「ぷぎゃー」









■三国玉璽争奪戦■

南蛮の地に隠された幻の秘宝、玉璽を探し当てよ。
参加資格は特に無し。
探し当てる手段等は問いません。
見事探し当てた者には、景品として大戦一年間無料パスを発行する!ようにSE○Aに掛け合う
皆の者、力をみせよ!  by袁術



紀霊が機転を利かせて、このような号令が各地に発動される。
そして景品が魅力的なので、凄まじい勢いでこの話題が広がる。



曹操 「大戦一年間無料パスは誰にも渡さん!
    いいか、どのような手段を使っても構わん!
    何としてでも玉璽を手に入れるのだ!!
    皆の者、力をみせよ!」


劉備 「関さん、益徳、聞いたか!?大戦一年間無料パスだってよ!
    こりゃオイラ達も出るしかねぇな!
    正義はここにあり、皆の者続け!!」


孫堅 「一度は手にした玉璽、探し当てることなど造作もないわ!
    天よ、わが力を示せぇ!!」


袁紹 「ハッハッハーハッハッハー
    ハッハッハーハッハッハー
    ハーッハッハッハッハッハ!」
※ちなみに袁術が玉璽を無くしたという話は、紀霊と袁術しか知りません。


董卓 「ふははは、大戦一年間無料パスときたか。
    さぁ、暴虐の時よ!!」


張角 「黄巾の民よ、南蛮の地で玉璽を求めよ!」





中略(ぇ
※すいません、察してください…。





劉備 「関さん関さん、ありゃ孫堅じゃないかい?」

関羽 「うむ、そのようですな。」

劉備 「孫堅といえばよ、一度は玉璽を手に入れたことで有名だよな。」

関羽 「いかにも。」

劉備 「ってぇことはだ、玉璽に一番近い男なわけだ。
    そしてオイラ達は偶然にも孫堅に気づかれることなく後ろを取れたわけだ。」

関羽 「そのようですな。」

劉備 「しかもよほどの自信からなのか、孫堅は一人で玉璽を探してるみたいだな。
    そしてオイラ達は三人、そしてこの玉璽争奪戦にルールは存在しない。
    関さん、後はわかるな?」

関羽 「それは妙案ですな、長兄も中々の悪よのぅ。」

張飛 「何だかよく分からねぇが、とにかくアイツをぶっ飛ばせばいいわけだな!」



そして暫く後をつけていると、孫堅が急に屈み込む。
しかも何やらガッツポーズをとっている。
これはもう決まりである。




劉備 「関さん、益徳、行くぜ!!」

関羽&張飛 「応よ!!」



っと、まさに孫堅に飛びかかろうとした瞬間、、、


ドンッ



劉備・関羽・張飛 「なっ!?」



ヤバイ!
っと思ったが既に時遅し、まとめて落とし穴に落ちてしまう三兄弟。



劉備 「痛てててて……こりゃ結構な深さみたいだな…
    おのれ、罠だったのか!!」

関羽 「やられましたな…。」

張飛 「何だ何だ?何がどうやってやがる!?」


劉備 「孫堅本人か左慈あたりの変化かはわからんが、どうやら敵の罠にハマってしまったようだ…
    くっそぅ、オイラの策が見破られてただなんて……。」

関羽 「やはり、、長兄の策に乗ったのが間違いでしたな…。」


ビキ


劉備 「いやぁ、関さんだってそれは妙案ですなぁ~とか言ってたじゃん。
    軍神関羽様も認めた策だったんだがなぁ~」


ビキビキ


関羽 「いやぁ、よく考えてみたらかなり幼稚な策でしたな。
    これは益徳でも考え付きそうな策ですよ。」


ビキビキビキ


劉備 「ほほぅ、ってぇことはそれを見抜けなかった関さんは益徳以下の知力なわけだ。
    コスト3、武力9、知力2ってわけだな。コストパフォーマンス悪ーーw」


ビキビキビキビキ


張飛 「おうおうおうおう、さっきから聞いてりゃ俺が馬鹿みてぇじゃねぇか!!」


劉備&関羽 「脳筋は黙ってろ!!」


張飛 「なんだとこの野郎ー!!」


ワーワー ギャーギャー




些細なことから取っ組み合いの喧嘩を始めてしまう三兄弟。
今はそれどころではないというのに……w



数分後



劉備 「はぁ、はぁ、はぁ…
    とにかく決着はまた今度つけるとして、とにかく今は脱出の方法を考えないか?」

関羽 「はぁ、はぁ、そうですな…」

張飛 「ああ、長兄の言うとおりだぜ…」


と言いつつも、実は脱出の方法は三人共分かっている。
張飛・関羽・劉備の順に下から土台になれば、一番上の劉備が脱出できるので
そこから手を貸せば関羽も脱出でき、そして劉備と関羽が協力すれば張飛を引っ張り出すこともできるのである。


劉備 (でも、今更土台になってくれって頼むのもなぁ…)

関羽 (あれだけ言われたのに、長兄を上に乗せるのはちょっとなぁ…)

張飛 (脳筋扱いされたしなぁ…)


孫堅 「ふんっ、この程度で一軍の将とはな!」


実は最初から事の成り行きを見ていた孫堅がここで姿を現します。
罠にハマった劉備達を笑いにきたのでしょうか。


劉備 「くっ、孫堅め…。何しに戻って来やがった!」

孫堅 「もちろん、お前達を笑いに来たのさ。
    ワシが単独行動だったのをいいことに、三人がかりで玉璽を奪うつもりだったのだろう?
    はっはっはっはっ、甘い甘い。」

閻行 「甘い!考えうるとこすべてが甘い!」


三兄弟 「!!!!?」


劉備 「馬鹿な……さっきまで孫堅だったヤツが、変わった!?
    オイラは夢でも見てるのだろうか……。」

陳琳 「不細工な顔だな」

関羽 「今度は陳琳!?………なるほど、そういうことか。」


左慈 「ふんっ、ようやく理解しおったか。
    これまでに幾多もの武将を騙してきたが、こんなにも容易くひっかかり、
    そして見苦しかった者達は初めてじゃわい。」

三兄弟 「…………………」

左慈 「桃園三兄弟がこのザマとは、蜀軍も末じゃのぅ。
    知力1の桃園、知力1の車輪号令、そして知力1の仁王。
    もはやネタ扱いのEXカードじゃのう。はっはっはっはっ」


劉備 「…………」

関羽 「…………」

張飛 「…………」


左慈の罵倒をキッカケに、三人にある感情が芽生えた。


左慈・即・斬!


そしてバラバラだった三人の心が、、今一つになった!



劉備 「関さん、益徳!」

関羽&張飛 「応!」



張飛が一番下で関羽の土台となり、そしてその関羽を更に劉備が土台とし、
一足先に穴を脱出した劉備が外から関羽を引き上げる。
そしてもの凄い形相で左慈に襲い掛かる!
その所業、まさに電光石火!!



劉備は怒った!


関羽も怒った!


そして張飛は叫んだ!























張飛 「待ってくれー!」




そんな張飛の叫びも空しく、劉備と関羽は二人で左慈を懲らしめることに成功する。
左慈の陰謀はここに潰えたのだ。



劉備 「なぁ、関さん。
    なんだかオイラもう、玉璽なんてどうでも良くなったよ。
    大戦1年間無料パスよりも、もっと大切なものを取り戻せた気がするんだ。」

関羽 「長兄、あなたというお人は…」

劉備 「関さん、久々にこれから飲みにでも行かねーか?」

関羽 「いいですね。今夜はとことん付き合いますよ。」

劉備 「ようし決まりだ!それじゃあ行こうか。」



劉備と関羽が更に絆を深めていた時、
張飛は人生について考えていた。



張飛 「うぅ……他の国に移籍しようかな………。
    って、そんなことは後でいいんだよ!
    とにかく今は脱出することを考えないと…。」


しかし劉備と関羽はどこかに行ってしまったし、かといって一人で何とかできる深さではない。
となると誰かに助けを求めるしかないのである。


張飛 「お~い、誰か助けてくれーーーー!」

…………………………

張飛 「ホント誰でもいいから助けてくれーーー!」

…………………………

張飛 「おーーい、ホントに誰もおらんのかーーー!」


ドドドドドドド!
っと穴の中からでも分かるぐらい、凄い勢いでこっちに向かってくる人の足音が聞こえる。


?? 「とうっ!」


その男はそう叫んでジャンプし、空中で無駄に三回転して穴の中に華麗に舞い降りてくる。
そしてこれまた華麗に着地して張飛の方に振り返り、左手の親指を立てて、
満面の笑みでこう叫んだ。




馬岱 「ここにいるぞぉ!」




伊達眼鏡と白い歯の眩しい男がそこに立っていた。
なんだかちょっとムカつく笑顔だなw


張飛 「お、おう。馬岱じゃねぇか。」

馬岱 「ここにいるぞぉ!」

張飛 「いや、まぁお前がここにいるのは分かったんだけどさ…」

馬岱 「ここにいるぞぉ!」

張飛 「なんでお前まで降りてきたんだ?」

馬岱 「ここにいるぞぉ!」

張飛 「まさかお前……それが言いたいだけだったのか?」

馬岱 「こ、ここにいるぞぉ!(ギクッ)」


どうやら図星だったようである。


張飛 「お前、ホントに知力7……なのか?」

馬岱 「こ、ここ……にい……る…ぞぉ…」




その後、張飛と馬岱の姿を見た者はいないとか(ぇ
あ、ちにみに玉璽を見つけたのは………




『ICB』 12th Album



兀突骨 「コノピカピカスルモノハナンダ?」

阿会喃 「メズラシイイシジャナイノカ?」

孟獲  「いや、石にしては変わった形じゃないか?」

木鹿大王「…………メシだ。」


そう言ってバリボリと玉璽を食べ始める木鹿大王。
良い子は真似しちゃいけませんよw


木鹿大王「うむ、やっぱりメシだ。みんなもくえ。」

孟獲  「ちょ、木鹿、、、そんなもん食って大丈夫か?」

木鹿大王「だいじょうぶ、なにもあじしない。」

孟獲  「味しないってアンタ……そりゃ明らかに食い物じゃないぜ……。」





とまぁ、そんな感じで玉璽は木鹿大王のお腹の中に収まっちゃいました。
ちなみにこのことが中華全土に知れ渡った時、袁術は紀霊にフライングクロスチョップをお見舞いされたとかw





紀霊 「このドアホが!!」




袁術 「ぷぎゃー」













ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい

ホントごめんなさい…
今度こそ期限を守りたかったのですがorz



■総大将

遼!来来!!超!来来!! リョーチョーさん


■有名武将の皆様

三国志大戦――我道を行く 日立さん

別冊観賞魚と書物の日々 五絶三国志 神行百変さん

千里眼&黒い人の ―蹴散らせ― 大戦2ブログ 千里眼さん

ゆるゆる行こう~? ハザンさん

白麗の執務室 白麗さん

へたれ君主の大号令 風呂気温さん

Hit the beat! Keep your beat!! 龍之介さん

三国志大戦Blog~集結せよ!~ うすたさん

貴女を侮った、僕の負けです! 橘生さん

たまごだっていいじゃない? 真音さん

ユラナギ やぎさん

noeinの三国志大戦記 noeinさん

アカシャチ 時の最果て アカシャチさん

今日の出来事。 エロールさん

TOM9’s Blog TOM9さん

三国志大戦2下克上ブログ むつーさん

兎に角書いてみる2 保坂さん

S5Q的三国志大戦考察 松本引越センターさん

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ICBお疲れ様です
マンゴー食べたいという理由で南蛮に旅行とは(笑)
そして玉璽を落としたアホ偽帝…紀霊さんも苦労しますねぇ
華麗に登場して誰が来たかなと思ったら「ここにいるぞぉ!」…爆笑させてもらいました
2006/09/26(火) 23:45 | URL | 白麗 #oiqaxMXE[ 編集]
ICBお疲れ様です。


紀霊強ッ!! 相手が君主だろうとおかまいなしですか。


「待ってくれー!」ってw てっきり「貴様、許さん!!」とかかっこいいこと言うのかと思ってしまった。

まさか忘れられているなんて…。
2006/09/27(水) 04:20 | URL | ハザン #-[ 編集]
ICBお疲れ様でした。
ちょっ、袁術ぼこぼこ!
紀霊は君主にすら容赦ありませんね。
しかし、木鹿大王はどれほど悪食なんだ? 玉璽食べるとは。
そして、桃園の兄弟達。
張飛捨てて帰る、関羽と劉備。
それに、役立たずの馬岱とか。
いやー、張飛はまわりに恵まれていませんね。
2006/09/27(水) 19:46 | URL | 日立 #SFo5/nok[ 編集]
ICBご苦労様です。

ウチの献帝も同じ様な事やらかしました。
苦労人な紀霊が良いキャラしてますね。そして役に立ってない馬岱も。
木鹿大王、どんな歯してるんですか・・・。
2006/09/27(水) 21:58 | URL | 神行百変 #s48xcqFo[ 編集]
お疲れ様でしたっ

三兄弟のやり取りにかなり爆笑ですww
てか張飛…脳筋呼ばわりな上に置いていかれるとはなんと不憫な…今度からは彼を暖かく保護してあげようとか思っちゃいました(笑)
左慈と袁術がかなりいいキャラしてたのも良かったです♪ 袁術あんなに可愛い言い訳するんですね(>_<)

面白いお話をありがとうございました♪
2006/09/28(木) 11:04 | URL | エロール #-[ 編集]
秋ですからね、フルーツ狩りにはいい季節ですよ・・・って、玉璽は置いていけw
袁術軍の周りの武将の苦労がしのばれます
2006/09/29(金) 12:32 | URL | TOM9 #-[ 編集]
お疲れ様でした
あ、あの紀霊さん?
おかしいですよ?

え、た、食べちゃったの?
木鹿大王のお腹で粉砕?
お腹を壊さなかったか心配です(w
2006/10/01(日) 12:35 | URL | 真音 #95bkP2lk[ 編集]
張飛が叫んだ!の後の「待ってくれー」で大爆笑しましたww
うまいですなぁww

・・・紀霊怖っ!ww
2006/10/01(日) 23:28 | URL | 千里眼 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkd29kou.blog59.fc2.com/tb.php/150-0247f43c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。