島津家やニンジャをメインに大戦してます。
 お知らせ

 会員名:焼きおにぎり

戦友パス:1129


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(・o・)ノこんばんは



私の地元近くのゲーセンに置いていた、「ガンダムカードビルダー」がついに撤去されていました。
たしかにポツポツとしかプレイしてる人を見かけなかったのですが、まさか撤去されてしまう程とは…
でも大戦は並ばないとプレイ出来ない程だったので、大戦の方はそんな審配心配は無用でした(^^



さてさて、今日は袁軍がまた使いたくなったのでいつもの袁単で出陣です。
あ、ちなみに袁軍専用のICにしようと思っていたサブICを無くしてしまいました(^^;
なので久々に袁単をメインで使ってきました~。


ちなみに戦績の方ですが、、、


× ×


ダメダメですね…。
万年五品の私ですが、久々に六品にまで落ち込んでしまいました(^^;
このまま万年六品になりそうですな(ぇ
ちなみに相手はこんな感じでした。



Myデッキ:隙だらけの攻勢
イケメン綺麗紀霊桃園の劉さんR袁紹田フォー




どう見ても隙だらけですw
妨害計略は我慢できるけど、ダメ計(周瑜)だけは勘弁してね(^^;





1戦目
R周瑜R太史慈R孫堅R孫策




おや?いつも見かける呉バラとは違って4枚デッキですね。
柵無いから序盤からガツガツ行った方が良さそうな気がします。
それにしても袁単を使いだすと呉に当たる……
ふふふ、張コウ → 紀霊 にした瞬間に騎馬単に当たった時のような感覚ですよ……。




●詳細
相手の周瑜を袁紹で踏んで帰還。
そして田豊を太史慈に当てたんだったかな?



珍しく序盤からいい感じなので、田豊の隙無き攻勢を使ってそのまま雪崩れ込みます。
ここで数発攻城成功!
3人で攻勢使ったのでキャッシュバックは3ですが、攻城入れること出来たので良しとしておきましょう。
たしかここで相手は再起発動。



再起で全軍復活してきたので、今度は相手が攻める番です。
再起はもう使ったので天啓は無いかなぁと思ったので、袁紹・田豊・劉備で迎撃に出ます。狙うは周瑜!
すると、、、








紅蓮の炎をとくと味わえ








ふむ、周瑜狙いすぎてちと密集しすぎましたな(^^;
劉備・袁紹が即死、田豊はミリだけ残ってた気がしますが弓で即撤退します。
居残りさせておいた顔良と紀霊で守りますが、数発攻城されてしまいます。(再起使ってカウンターするかどうかを迷ったのがいけなかった…)
城ゲージ的には、若干…勝ってる……かな?どちらにせよ微妙です。
ちなみに太史慈の援護射撃が結構痛くて、周瑜と孫堅を逃がしてしまうという失態を犯してしまいます…。



その後は、
インターバルとって再度攻めあがる → 紅蓮の炎
カウント的に最後の攻勢に出る → 紅蓮の炎



こんな感じで攻城にまでは至たらなかったです。
むむぅ、どう足掻いても二人は紅蓮の炎を味わってしまう……。
田豊が歩兵で戦力外なので、田豊を含まない二人以上を持っていかれるとキツイものがありますね…。
2  1.5  1.5  1.5  1.5
このような編成なので、気軽な捨て駒が居ないというのも悪いのでしょうか。
嗚呼、紀霊が神速戦法だったらぁぁぁ、なんて妄想はいけませんね(^^;





そんなこんなで判定負け!
あ、ゲージ負けてたんだ(^^;





2戦目
SR曹操SRホウ徳楽進程のじっちゃんSR賈ク




生粋の覇王デッキですね。
力と力のぶつかり合いなら望む所なのですが、伏兵三人が怖いなぁ……。


●詳細
最悪です!
攻城こそされないものの、序盤から最悪です(^^;
どのくらい最悪かと言うと、
「なっ、何が起こった!?」
この顔良のセリフを二回ぐらい聞きました(オイ


そんな感じでグダグダが続いて、最後に離間後の賈クのこっそり攻城にやられてしまいました。
いやぁ、ずっと覇者の求心で相手は攻めて来てたので、
てっきり覇者の求心一択だと思ってました…。
まんまとかかってしまいましたよ(^^;





ダメだ!
このままじゃダメだ!!
袁家に何か改良の余地は無いものか……



とりあえず、これからは袁家で五品復帰を目指します(ぉ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
殿!ここは審配を入れてみてはいかがd(うわ、なにをすr
ほら、○○覇王だっていいカードだっていってますしw
2006/04/07(金) 23:03 | URL | やぎ #-[ 編集]
ここは袁術沮授の出番ではないでしょうか?
封印の計はかなり使えますよ^^
けっして袁術は手を出してはだめですよw
2006/04/07(金) 23:12 | URL | タカ #-[ 編集]
改良というのなら、 紀霊→トウトンなんていかがでしょう?
自分が知っている袁家はこの形が多いですね。
機動力にかなりの難がありますが・・・
袁家って1コストが微妙で2コストが2体しかいないためか、組み方が微妙になりやすいですよね~
難しいです^^;A
2006/04/08(土) 00:01 | URL | 俯瞰史記 #-[ 編集]
レス


>やぎさん
審配ですか~。
計略も特技も優秀で、兵種以外は優れた武将ですよね。
声も癒されますし(^^


いいカードというのは分かるのですが、袁軍のカードの少なさの関係でどうしても入れにくいんですよねぇ…。
コスト2は選択の余地無いですし、
1.5は劉備と田豊のゴールデンコンビ、
こんな風に考えてしまうとありきたりなデッキになってしまうんですよね…。
単色は限界でしょうか(^^;




>タカさん
柵・弓兵・封印、
沮授も素晴らしい武将ですよね~。
でも沮授を入れるとなると二枚看板デッキか、6枚デッキになるんですよね。
力の2号・文醜が無いので、6枚デッキに入れてみようかなぁ~。




>俯瞰史記さん
そうですね、紀霊 → トウ頓 にしたデッキは私も何度か見かけたことありますね。
機動力は下がりますが、隙無き時の武力9の援護射撃も魅力的ですよね~。
知力2も3も大して変わらないですし(^^;


袁家はカードが少ないから選択の幅が狭いんですよね…。
いっそのこと他の勢力と手を組んでみようかしら?
2006/04/08(土) 02:10 | URL | 晃 #g4sOX8Gw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkd29kou.blog59.fc2.com/tb.php/15-42ba3d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。